実際の体験談をご紹介

相続した土地を高値で売却できました。(男性/50代)

男性/50代

先日父親が亡くなり、遺産分割協議の結果、父親名義の土地を相続することになりました。

その土地は父親が昔、将来の資産運用のために購入したものですが、誰かに貸していたわけではありません。
私は3年前に退職し、現在は実家とは離れた場所で妻と二人で暮らしています。

なので、実家近くにある土地を所有していても、そこに家を建てるつもりも貸すつもりもありません。

とはいえ、そのまま眠らせておくのは勿体ないので、売却することに決めました。
しかし、売却するにしてもどのように手続きをすればいいのか分かりません。

その土地は県外にあるので、近所の不動産会社に相談するわけにもいかないですし、
だからといってわざわざ県外の不動産会社まで行くのも面倒だなと悩んでいました。

それを友人に相談したところ、イエウールという不動産一括査定サイトを教えてくれました。

自分でもネットで情報を調べてみましたら、とても便利なサイトであることが分かりました。
まず、全国対応なので私のように遠方にある土地を売却したい場合にピッタリです。

わざわざ遠くの不動産会社に通う手間が省けるのはとても助かります。

また、サイトに売却情報を登録さえしておけば、複数の不動産会社から査定結果が表示されるので、相見積もりの必要もありません。

さらに、登録されている不動産会社はいずれも優良企業ばかりなので信頼できます。
おまけに無料で利用できるとあれば、もう使わない手はないでしょう。

結果、一番高い査定額を提示した不動産会社に売却することができました。

家にいながら遠方の土地が売れるなんて、便利な世の中になったものです。
イエウールを紹介してくれた友人に感謝しています。

イエウール

イエウール
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 評判の悪い企業は削除され、優良な不動産会社のみが登録されている
  • 早く・高く・失敗しないで不動産を売却したい人にぴったりなサイト

その他の体験談

土地を売りたいときに必要なプロセスと準備

土地を売りたい場合、何から手を付けていいか分からないこともあるでしょう。

実のところ、土地の売却はいくつかのステップを踏んで進めていく必要があります。
面倒だからといって必要なプロセスを省くと、不本意な結果になってしまうことがあるので注意しましょう。

こちらでは、土地売却のプロセスやそのために必要な準備について解説します。

土地を売るときのステップ

① 図面を取得する

土地の売却を考えているときには、まず売りたい物件の図面の写しを役所でもらっておく必要があります。

このような図面の写しは、管轄の法務局や自治体の窓口などで入手できます。

写しの交付を申請する際には、該当する土地の地番や面積、名義人の名前の記入を求められることが多いので、
必要な情報をしっかりとメモして窓口に出向くのがベストです。

ちなみに、交付を受ける場合には1枚の図面につき、数百円前後の手数料がかかります。
法務局や自治体の図面は閲覧もできますが、売却するときには写しをもらっておいたほうが何かと便利です。

図面の写しは、不動産業者や買主と話をする際に必ずといってよいほど必要になる書類です。

自分で土地の状況を確認する場合にも、図面がないと不便を感じますので早めに取得しておきましょう。

② 公示地価や路線価をチェックする

公示地価や路線価をチェックして、相場を調べておくことも土地を売るときに必要なプロセスです。

公示地価や路線価は、その土地の価値を判断するときのベースになる情報です。
不動産業者が査定を行うときにも、このような情報は考慮されます。

評価額が高ければ、それだけ相場の金額も上がることが多いです。

ちなみに、公示地価は国土交通省、路線価は国税庁のサイトなどで確認できます。
いずれも毎年情報が更新されるので、売却する際には最新の情報を取得しておきましょう。

土地の相場はさまざまな条件によって決まりますが、こういった公的機関が発表する情報は押さえておいて損はありません。

価格交渉などをするためにも、売る前には必ずチェックしておきたいところです。

③ 土地の所在や境界を調べておく

売却を進めるうえでは、不動産業者や買主に土地の所在や境界の位置などを伝えることが必要です。

自宅が建っている土地や、家の敷地と地続きの土地を売る場合は、所在の確認はすぐにできるでしょう。
ただ、山林や農地といった土地については実際に該当する場所まで出向いて、土地の状態を確認しなければなりません。

また、確認の際には境界もチェックしておく必要があるでしょう。

国土調査などを行った土地には、一般的に境界を示す杭が打ってあります。

ただ、長い時間が経って杭が抜けてしまったり、もともと杭がなかったりする土地もあるので、
境界がはっきり分からないときには何らかの方法を考えなければなりません。

このような場合は土地家屋調査士に依頼して、杭を打って測量してもらわなければならない場合もあります。

土地を売るための方法

土地の売却をする場合、いくつかの方法が考えられます。

例えば、タウンページなどをもとに、売りたい物件を取り扱ってくれる不動産業者を探す方法は以前から広く行われています。
他にも、イエウールのような不動産一括査定サイトを利用するというアプローチがあります。

一括査定ならインターネットを通じて、土地の査定から売却までできるので大変便利です。

こういったサイトには全国の不動産業者が登録しており、地域問わず対応してもらえるケースが多いです。
また、無料で利用できますので、新しい土地の売り方として注目されています。

メリットが多い一括査定サイト

一括査定は査定を依頼された土地に対し、複数の不動産業者が同時に価格をつけるケースが多いです。

したがって、各業者の査定額の違いを把握しやすくなります。
より高く売れそうな業者を選んで交渉ができるため、有利に取引を行えるのがメリットです。

不動産業者もこの点はしっかりと理解しているので、他の業者よりも高い金額をつけようとするのが一般的です。

また、土地の正確な相場をチェックできるというメリットもあります。
路線価や公示地価の金額と合っているかなどはすぐに確認できるでしょう。

なお、登録する連絡先にメールアドレスを指定すれば、不動産業者から頻繁に電話がかかってくることはありません。

土地を売るときのコツと注意点

土地を売るときには、信頼できる不動産業者を選ぶことが大切です。

ただ、地方の場合は選べる不動産業者が限られてくるのが現実です。
取り扱う不動産業者が他にいないといった理由で、適当な業者を選んでしまうのは避けたいところです。

競争相手がいないと、売主の足元を見て相場よりも安い金額をつける業者もいます。

また、悪質業者の場合は個人情報を外部に漏らしてしまうケースもあるので、業者選びは慎重に行う必要があるわけです。
その点では、一括査定サイトのイエウールであれば、そのような心配は少ないです。

なぜなら、一括査定サイトには大手の不動産会社や住宅メーカー、
地元密着型の優良不動産会社などが厳選されて登録されているからです。

なので、色々な選択肢のなかからベストな業者を選ぶことができます。

また、不動産を売るときのコツや豆知識なども紹介されており、
初めて土地を売る人でも安心して手続きを進められると思います

実績がある不動産業者で土地を売却したいという場合は、不動産の一括査定サイトを利用してみましょう。

信頼できる業者を探して、安全に取引を進めよう

土地の売却は、不動産業者を介して行うパターンが一般的です。

このような場合は、信頼できる業者を見つけることが1つの課題になるでしょう。
そのためには、イエウールのような不動産一括査定サイトを利用することをオススメします。

こちらのサイトを利用すれば複数の業者と簡単にコンタクトが取れて、高値で売れる業者が効率よく見つかります

売却における必要な準備を済ませたら、ぜひ活用してみてください。